実写版第3弾「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」10月1日放送

ちびまる子ちゃん

実写版第3弾「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」10月1日放送

18日、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・0)の実写版ドラマが5年半ぶりに復活し、今秋、同局で放送されることがわかった。

[PR]

2013/08/19
小学3年生の女の子・まる子を軸に家族や友人との交流をほのぼのと描く同作は、2006年4月に森迫永依さん主演で初めて実写化。平均視聴率22・8%を獲得し、同10月の第2弾も17・7%を記録。

翌年には、伊藤綺夏さんを2代目・まる子に迎えて連ドラ化もされた話題作を、今回、大幅リニューアル。3代目・まる子に選ばれたのは、まる子と同じ小学3年生の信太真妃ちゃん。

ドラマは、原作漫画からえりすぐった物語とオリジナルを合わせた計4本のオムニバスで放送。個性豊かなキャラクターを演じる共演者は後日発表という。

■関連商品
■関連記事

・サンスポ:5年半ぶり実写!「まる子」3代目は信太真妃

『スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん』 – とれたてフジテレビ
ドラマ – フジテレビ
ちびまる子ちゃん – フジテレビ
ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

【2013/09/02追記】タイトル変更 : 実写版「ちびまる子ちゃん」第3弾、今秋放送 → 実写版第3弾「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」10月1日放送



[PR]
 


■人気記事ランキング(24時間)
■人気記事ランキング(週間)
■人気記事ランキング(月間)

  


前のページに戻る ホームページへ





2 Responses to 実写版第3弾「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」10月1日放送

  1. 実写化(アニメ化)計画 より:

    20日、フジテレビ開局55周年特別番組「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」(10月1日放送、後7・0)に“百獣の王”を目指す男、武井壮さんが完全オリジナル役の郵便屋さんで出演することがわかった。これまで本人の役でドラマ出演はあったが、役をもらったのは初。

    物語は、手紙がついた風船を拾ったまる子が、差出人の東京に住む同い年の女の子と文通を始めることになり、毎日その子からの手紙をポストの前で待っている。そこへ、待望の手紙を届ける郵便屋さんが登場する。

    「見どころは、自転車でどれだけ早くまるちゃんの前に滑り込めるかというところでしょうか。日ごろから鍛えている足腰が効いたな、と思いましたよ。この役ができるのは中野浩一さんか俺くらいでしょう。ダイナミックなフレームイン、ぜひ見てほしい」と豪快に笑っていた。(サンスポ)

  2. 実写化(アニメ化)計画 より:

    2日、都内でフジテレビ系長寿人気アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・0)の実写版「スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん」(10月1日、後7・0)の制作発表が行われた。

    すでに発表された3代目・まる子役の信太真妃ちゃんに加え、お母さん役に飯島直子さん、お父さん役にお笑いコンビ、アンジャッシュの児嶋一哉さんらが起用された。

    飯島は出演オファーを受けた際、「わたしでいいの?という感じでした」と振り返りつつ、お母さんの衣装姿を「みんなに似合っていると言われました」とご満悦の様子。おばあちゃん役は鷲尾真知子(64)で、お姉ちゃん役は蒔田彩珠(11)。第1作目から出演するおじいちゃん、友蔵役のモト冬樹(62)を除き、さくら家メンバーはリニューアルされた。(サンスポ)

コメントを残す